未分類

自分の得意を活かす働き方とは?【働き方改革トークレポ②】

会社員、複業、フリーランス‥

全9名の登壇者(+モデレーター2名!)の、さまざまな働き方やライフスタイルについて聞けた「働き方改革トークライブin大阪」。

今回は第2部の「自分の得意を活かす働き方」を振り返ります〜!

第1部はこちら▷ 情報発信で稼ぐ働き方について【働き方改革トークレポ①】

第2部 自分の得意を活かす働き方

第2部の登壇者は、こちらの3名です。

  • 写真家 takumi YANO.さん(@takumiYANO_)
  • アーティスト・スタートアップカフェ大阪コーディネーター 織田 尭さん(@Artist_ODA)
  • 会社員デザイナー 上司ニシグチさん(@a_design_link)

そもそも得意って、どう見つけるのか?

まずは、登壇者が考える「得意の見つけ方」からスタート。

織田:まずは、色々やってみることが大事。色んなことをやり散らかして、残ったものが得意なことだと思います。

ニシグチ:前にツイートしてバズッたんですけど、自分の強みを見つけるには

  1. 今まで時間を使ってきたもの
  2. お金を使ってきたもの
  3. 没頭して、時間をかけてきたもの

この3つを考えてみると良いと思います。

「好き=得意」なのか?

織田:絵を描くのは好きだけど、得意とは言えないですね。

スタートアップカフェでの起業相談は、好きと得意が重なってる感じです。

るってぃ:僕ライティングは得意だけど、パソコンに向かって記事を書くのは別に好きじゃないんですよね‥。でも記事を出した後の反応を見るのは、好き。

ニシキド:得意だけど「やりたくないなー」って思うことって、普通にありますよね。

だから書く前は、記事を公開した後にバズってる所を妄想したりしてます。(笑)

ニチグチ:得意の延長線上に、好きがあると良いですよね。「すごい!」「ありがとう!」と言ってもらえるものが、得意なことなんだと思います。

自分の得意を仕事にするには?

YANO:もともと写真が得意というわけではなかったんです。

撮ってるうちに、オンラインサロンのメンバーから「やってほしい」と声をかけられるようになって。最初は無償でやっていたけど、「いくらでやってるの?」と言われ始めて、仕事になっていった。

仕事を受けるうちに、だんだん得意にしていった感じです。

織田:僕は、コマネチマーケティングです。(笑)コマネチ動画を配信して知ってもらって、「絵描いてるんだ!」って覚えてもらった。

ニシグチ:会社の外で仕事をとってくるために発信をするんですけど、 ただ成果物を発信するだけでは、差をつけるのが難しいんですよね。

だから出来上がるまでの行程を、細かくnoteに書いて公開するようにしたんです。企画書も公開して。

最初は「ニシグチ、こんなもんか。」って思われるんじゃないか?とか怖かったですけどね。

るってぃ過程を発信するのって大事ですよね!みんな成功してから発信しようとするけど、成長する過程が共感をよぶから。

「フリーランスか複業か?」メリット、デメリット

YANO:フリーランスは、時間を自分で配分できるのがメリットですね。

るってぃ:会社員時代も仕事自体はエキサイティングで楽しかったけど、毎日同じ場所に行くのが無理だったんだよね‥。

今は、その日起きたときの気分で動ける“フッ軽さ”が良い。

織田:今って「大フリーランス時代」だけど、人によって生き残れるか、生き残れないかは正直あると思いますね。

会社だと、自分個人では会えないような人に会えたりもする。会社の“信用”をうまく使えるのがメリットだと思いますね。

ニシキド:フリーランスになって良かったのは、周りに尊敬できる人がめちゃくちゃ増えたこと。

フリーランスのみなさん: あ〜!それ!!分かる!!!

好きなことで食べて行ける?仕事にすると、嫌いにならない?

織田:絵だけでやってたときは、めちゃくちゃ頑張って描きまくっても、収入は年200万〜300万円くらいで‥。海外だと投げ銭文化があるから、また違うんですけどね。

だから、スタートアップカフェの仕事はありがたいですね。

YANO:写真が嫌いになりそうなときも、ありますね。お客さんとの価格交渉で落ち込んだり、機材が重くて体を壊しそうなときとか。

若くて才能のある写真家を見て、絶望しそうになるときもあります。でも、やるしかないので。

織田:以前、単価が高い犬の絵ばかりを描いていて、気が狂いそうになったことがあります‥。

ニシキド: 僕は、締め切りが近づいてるのにゲームをやってるときに「なんでゲームやってるんや‥」って嫌になりますね。(笑)

得意を活かすために、大切なこと

  • 過程も発信すること(見てもらえる工夫をする)
  • 得意なことの、好きな部分をみつける

得意=好き」とは限らない、という話や「好きなことでも、嫌いになりそうなときもある」という話が特に印象的でした。

つい「得意を活かして仕事してる人ってきっと、何もかもうまくいってるんだわ…!」って思いがちだけど(思ってた)、そんなわけはなくて。

結局は発信しつつ、とにかくやり続けていくしかないんですよね。

葛藤しながらも、得意なことを活かして生きていく“っていうそのストーリー自体が魅力的だし、ステキな生き方だよな…!って感じた、第2部でした。