未分類

【イベント】前田デザイン室主催「まだオンラインサロン知らないの?」

2月3日、前田デザイン室主催のイベントに参加してきました〜!

登壇者は前田デザイン室室長の前田さんと、雑誌「マエボン」編集長の浜田さん。

テーマはずばり「オンラインサロンについて」

去年くらいから、よく聞こえてくるようになったオンラインサロンですが、

  • オンラインサロンって、いったい何?
  • オンラインサロンに入ってるけど、もっと活用したい!

と思っている人も多いのではないでしょうか。

これまでいろんなオンラインサロンに参加してきて、今はサロンを運営する側となった前田さんと浜田さん。

参加者、運営者どちらの視点からも語ってくれて、気づかされることの多いイベントだったのでレポします…!

オンラインサロンって、そもそも何?

当日の参加者は、サロンに入ってる人、入ってない人、これから作ってみたい人…とさまざま。

というわけで、まずは「オンラインサロンってそもそも何?」からスタート。

オンラインサロンには、いろんなタイプがある

コンテンツ型なら、誰でも読みものとして楽しめるし、すぐに手を動かしたいクリエイターならプロジェクト型…

目的によって「どのサロンが合うか?」もさまざまなんです。

自分に合ったサロンを選べると良いですよね。

まずは、気になった所に色々試しに入ってみるといいかもしれません。

チャレンジして、信用を貯める

https://twitter.com/koeka_a/status/1091952516105818112?s=20

熱意さえあれば、「やってみたい!」と手を挙げて、経験を積めるのがオンラインサロンの魅力。

そして行動で信頼をためれば、また次のことにもチャレンジできる場所なんです。

オンラインサロンは怪しい?

入ってみて実感すると分かる!

外から見てる人からは

  • 有名なオーナーを崇めてる…?
  • 何か物を買わされるんじゃ…?怪しいんじゃない?

なんて思われてしまうこともあるらしい、オンラインサロン。

これ、めちゃ共感しました。

外から調べて分かることと、中でやってみて「実感」することって全然違うんですよね。

気になるならぜひ、まずは飛び込んでみることをおすすめします…!

きよ
きよ
個人的には、オンラインサロンは「価値観の近い人、目標に向かって頑張ってる人」と出会える環境だなと感じてます…!

オンラインサロンうまく活用するには?

では、オンラインサロンを活用するにはどうすれば良いのでしょうか?

まずはコメント、いいねだけでもOK!

浜田さんの「ロム専(サロン内の投稿を見るだけ)でも良いし、コメントをくれるだけで運営はうれしい、いいねだけでも全然良い」という言葉が印象的でした。

ロム専でも自分の固定概念を脱却できるけれど、せっかくだから自分からコミュニケーションをとってみるとメンバーとの交流も生まれて、より楽しめるのだと思います。

やりたいことを、率先してやってみる

 

自分といえば○○の人、をつくるためにも「『自分よりすごい人がいるから…』と躊躇せずに、やりたいことに前のめりにチャレンジしていこうって感じました。

”優しい熱意”が大切

この話、とても印象に残りました。

オンラインサロンと言っても、ベースは人と人との交流なので、例えば経験や信用をためないままに突然、大きい仕事をやろうとしても無理ですよね。

相手のことを想いながらガツガツやっていくことが大事ですね

きよ
きよ
箕輪さん自身がまさにそうですもんね…!

 

オンラインサロンでの失敗について

「元、取れた」からの脱却

前田さんは「最初は”元とれてるかな?!といちいち気にしてしまっていた」、浜田さんは「やりたいからやってるだけ、giveしている感覚がない」とのお話でした。

サロンの魅力は「やりたい!」と思って楽しみながら動いていくうちに、自然と誰かにgiveができて、後からtakeもできること。

最初から「元を取るために、これくらい動こう。」なんて計算するよりも、

「気になったことは全力でやってみる!」

くらいで行動した方が、結果的には活用できるんだなと。

https://twitter.com/koeka_a/status/1091956235589476353?s=20

仕事じゃないから、失敗したっていい

仕事では失敗するわけにいかないけれど、サロンなら失敗しても次につなげれば良い。」

これってプロジェクト型のサロンの場合、「お金を払って仕事をする」からこそ、成立することですよね

失敗すら、みんなにシェアすれば有益な学びにもなる。

むしろ「失敗してないことが失敗」「前田デザイン室で経験したことを、仕事に活かす」という前田さんの言葉が印象的でした。

https://twitter.com/koeka_a/status/1091956540947410944?s=20

サロン運営側からの失敗談

https://twitter.com/koeka_a/status/1091957245330350080?s=20

これまで、いくつかのオンラインサロンに入ったことがありますが、運営者の方はサロンを盛り上げるために、本当にメンバーのことを考えてくれてるなあと感じます。

「サロンに興味がある人は、「メンバーが歓迎してくれてるんだな」と思うだけで、安心して入れますよね。」

うまく運営できるサロンを作るには?

オープンであること

https://twitter.com/koeka_a/status/1091960298238427136?s=20

「これからオンラインサロンを作ろうと思ってる人?」

という質問には、何名かの参加者の方の手が挙がっていました。

「内輪になりすぎない」というお話での

飲食店でも、常連ばかりの店は入りにくくないですか?」

という浜田さんの例えに納得。

内部にいるメンバーにとっても、新しいメンバーが入ってくることは刺激になって良いんです。

成長過程を楽しむ、オフラインも大切に

https://twitter.com/koeka_a/status/1091959417367453697?s=20

サロンオーナーがサロンを通じて成長していく姿って、メンバーにとっては応援したくなるし、何より生きた学びになるんですよね。

前田デザイン室がうまくいっている所は?

https://twitter.com/koeka_a/status/1091964339098071040?s=20

オンラインサロンとはいえ、一度オフラインで会うと、その後のオンラインでのやりとりの感覚が全然違うんですよね。

そして、しんどくなってしまったときにメンバーが助けてくれる前田デザイン室は、とても温かいサロンなんだなと感じました…!

前田さんからのお手紙と、前田デザイン室見学会

イベントの最後には、前田さん恒例の「参加者へのお手紙朗読」が…!

オンラインサロンを、前田デザイン室が盛り上げていく!」という覚悟がすてきですし、いちオンラインサロン好きとして、「根付いていってほしい」と強く感じました…!

イベント終了後には、イベント参加者限定で前田デザイン室のデザイン見学会が。

童心をくすぐられる、遊び心満載のデザインは見ていてとても楽しかったし、「前田デザイン室ってこんなことをしているんだ!」と中を知れる、貴重な機会でした。

もうすぐ1周年を迎える前田デザイン室。

今回のイベントをキッカケに興味が深まったので、今後も前田デザイン室の活動をチェックしていきたいと思います!