未分類

夢を追いかけるのも、追いかけないのも正解

最近久しぶりにBUMP OF CHICKENの天体観測をじっくり聴いたのだけど、改めてめっちゃいい曲ですね。

いろいろ感じたことがあったので、このブログに書いておこうと思う。

「まだ見たことがない素晴らしいもの」を探してる

見えないモノを見ようとして 望遠鏡を覗き込んだ

新しいものに次々と手を出してみるけど、いまひとつ身についてる気がしない…」

最近、自分に少し自信をなくしてました。

でも、この歌詞に「やっぱりまだまだ、私は理想を追いかけていたいんだ…」って気付かされて。

アラサーになってくるとしみじみ思うけれど、「生きるモチベーション」って十人十色なんですよね。

大きくは、2つのタイプに分かれるんじゃないかと思う。

  1. 現状でおおむね満足。「日々のささやかな幸せを大切に生きていければいい」と思うタイプ
  2. 常に新しいものを探してる。「落ち着きたくない、ガラッと何かを変えたい」と願い続けるタイプ

①は「足るを知る」のイメージ。

②は「好奇心旺盛」とか「意識が高い」、「中二病」って言われがちなイメージ。

(ちなみに、私は完全に②タイプです。)

自分と逆のタイプを目指そうとするのはしんどい

完全に②タイプなのに、定期的に①タイプに憧れてしまうんですよね。

「私は目の前のことをおざなりにして、どこかにあるのかも分からない理想ばっかりを追いかけてて…無駄なのでは?」って。

「①の人みたいに考えられたら、あとは毎日をただ楽しく過ごせばいいだけなんだから、ラクだよなあ…」なんて羨んでみたり。

でも無理に①のふりをしようとしても、本当は自分自身は②タイプだから、ラクどころか苦しいだけなんですよね。

自分が「心地いい」と思える環境を選ぼう

悩むのって、自分とは違うタイプの人とばっかりいるときが多い気がします。

多分、無意識に周りの考え方に自分を合わせようとするからなんでしょうね。

だから、「なんか自分らしくいられなくて苦しいな…」って思ったら、自分と考え方が似た人に会ったり、作品にふれるようにするといいと思う。

ちなみに好奇心旺盛タイプな人には、バンドのライブとかフェスはオススメです。

「FOREVER YOUNGだぜ!」的な気持ちが刺激されて、高まること間違いなし。(少なくとも私は。笑)